注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

満100歳を祝い 県知事が女性宅を訪問 「平和に生きていくのが一番」/岡山・久米南町 

100歳(百寿) 伊原木岡山県知事と話す灰原さん(左)
伊原木岡山県知事と話す灰原さん(左)
         

 敬老の日に合わせて、伊原木隆太岡山県知事が18日、今年満100歳を迎えた岡山県久米郡久米南町の灰原泰子さん宅を訪問し、長寿を祝った。

 老人週間(15~21日)事業の一環で約4年ぶりに実施。伊原木知事は灰原さんが約50年続けている川柳、戦禍に巻き込まれた青春時代などの話に耳を傾け、多年にわたり社会に尽くしてきた労をねぎらった。その後、「末長くお元気で」と表彰状と正絹で仕立てた白色のちゃんちゃんこを贈呈。灰原さんは「思いがけないものをいただき胸がいっぱいです」と礼を述べた。

 川上町(現高梁市)で生まれた灰原さんは、34歳の時に久米南町で商店を営む末雄さんと再婚。長女1人と末雄さんの息子たち3人を育てあげ、孫8人、ひ孫5人に恵まれた。川柳では、弓削川柳社で磨いた才能を発揮し「西日本川柳大会」「全国誌上川柳大会」など数々の大会で入賞。手にした盾やトロフィーは200個を超えるという。

 現在も日々創作に励んでおり、「心穏やかにしていると自然と言葉が浮かび上がる。私の青春は戦争ばかりでつらかった。いさかいを起こさず平和に生きていくのが一番だ」と話していた。

百寿の祝いに白色のちゃんちゃんこを着せてもらった灰原さん
百寿の祝いに白色のちゃんちゃんこを着せてもらった灰原さん(前段中央)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG