注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

災害が起こった時の糧に 災害医療チーム「JMATおかやま」報告会 大切なのは日ごろの備え/岡山・津山市

行政・公共 県北から派遣されたメンバーによる報告会=岡山県津山市で
県北から派遣されたメンバーによる報告会=岡山県津山市で
         

 能登半島地震に伴い、災害医療チーム「JMATおかやま」として岡山県北から派遣されたメンバーの報告会(津山市医師会主催)が14日、津山市の津山保健センターホールで開かれた。

 津山中央記念病院と大原病院の医師、津山中央病院の看護師、薬剤師らでつくる2チームが派遣され、石川県庁に設けられたJMAT金沢以南調整支部での活動を説明した。

 「保健所との協議・連携を開始できたが、リハビリ支援のJRATとの連携は活動期間の限界でできなかった」と成果と課題を振り返り、今後に向けて「勤務する病院での災害マニュアルの見直しを進め、災害対策について話し合いたい」「一番大切なのは日ごろの備えであり、今回の活動は岡山で災害が起こった時の糧になる」などと述べた。

 関係者のほかオンラインを含めて約40人が参加し、熱心に耳を傾けた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG