注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

無病息災や家内安全などを祈願 重要文化財で秋の祭典 参拝者一人ひとり玉ぐしをささげる/岡山・津山市 

祭事・神事・法要 無病息災などを願った祭典=岡山県津山市で
無病息災などを願った祭典=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の千代稲荷神社の秋の祭典が28日開かれ、参拝者たちが無病息災や家内安全、商売繁盛などを祈願した。

 同神社奉賛会や山下1区町内会の人たちが集まり、斎主の石田喜子さんが神事を執り行った。大祓詞(おおはらえことば)に続いて、崇敬者の健康や地域の繁栄などの願いを込めて祝詞を奏上。参拝者が一人ひとり玉ぐしをささげた。奉賛会の妹尾一義さんは「寒さに気をつけ、また来年の初午(うま)祭で会いましょう」とあいさつした。

 市重要文化財に指定されている本殿の屋根の修復を行うため、市の補助金が内定しており、奉賛会関係者は「みなさんの寄付や協力で修復していきたい」としている。

 同神社は934(承平4)年の創建と伝えられる。津山藩主・森家により城の守護神として現在地に祭祀(し)されてから、歴代の城主や庶民の信仰を受けてきた。

千代稲荷の鳥居と津山城の石垣
千代稲荷の鳥居と津山城の石垣


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG