注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

自由に眺めて、感じて 「360度」楽しめる立体作品19点 彫刻家・榎本勝彦さんが個展/岡山・津山市

芸術 会場に並ぶ榎本さんの作品
会場に並ぶ榎本さんの作品=岡山県津山市で
         

 岡山県赤磐市の彫刻家・榎本勝彦さん(71)の個展「視点と視線」が、同県津山市のポート・アート&デザイン津山で始まった。さまざまな形に作られた木製のオブジェが、独特の世界感を作り出し、来館者たちを魅了している。26日まで。

 活動歴約50年の間に培ってきた経験を基に生み出した近作19点を展示。「会場の空間を意識して作品を制作し、配置を考える」という榎本さん。白壁のホワイトギャラリーでは白色に塗られた作品「支」(高さ約125センチ)が背景に溶け込むかのように建つ一方で、赤レンガ造のギャラリーでは、高さ180センチの「空(くう)または空(そら)」など、アクリル絵の具や漆、銀箔(ぎんぱく)などが施された意欲作が並ぶ。

 岡山市から訪れた高本憲男さん(58)は「決まりやルールに縛られない自由さを感じる。シンプルな形状だが、表面の質感や色あい、全体の構造などどれを見ても趣深い」と話していた。

 榎本さんは「360度、どの角度から見ても楽しめるのが立体作品。自由に眺めて自由に感じとってほしい」とPRしている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG