注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

献上粟収穫作業

食関連
         

 秋の宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に献上する粟の収穫作業が15日、岡山県勝田郡奈義町西原の畑で行われた。献穀者は西原営農組合副組合長の永幡治實さん(70)。同町から献上されるのは1980年以来41年ぶり。
 町の依頼を受けて6月に作付けした4㌶の畑では、黄色がかった粟の穂がたわわに実り、県や町の担当者が見守る中、野々上正裕同組合長、永幡さんら4人がせん定ばさみで丁寧に切り取っていった。1週間ほど自然乾燥させ、脱穀した中から5合(約1㌔)を10月中旬に発送する予定。
 永幡さんは「初めての大役を任されて不安もあったが、関係者の協力のおかげで収穫の日を迎えることができた。豊作になり、ほっとしている。いい品質に仕上げ、献穀者の役割をまっとうしたい」と話した。
 毎年11月23日に行われる「新嘗祭」は、天皇陛下が神嘉殿に新穀を供えて神恩に感謝された後、陛下自らも召し上がる祭典で、最も重要とされる宮中恒例行事。全国各地から米などの穀物が納められ、県内では各市町村が持ち回りで献穀者を選んでいる。

豊かに実った粟を収穫する西原営農組合の永幡さん(右)ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG