注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県、県内で新型コロナウイルスワクチンの接種後に死亡した人が7月25日時点で14人いたことを公表

医療・福祉 新型コロナウィルス関連情報
新型コロナウィルス関連情報
         

県は12日、県内で新型コロナウイルスワクチンの接種後に死亡した人が7月25日時点で14人いたことを公表した。いずれも高齢者で、ワクチンと死亡の因果関係が認められた人はいないという。
 県議会環境文化保健福祉委員会で報告され、死亡した人が接種を受けていたのは米ファイザー社製のワクチン。このほか接種後に思いアレルギー反応が出る「アナフィラキシー」の症例が42人いたとし、内訳はファイザー製41人、モデルナ1人だった。
 接種後の死亡については、医療機関が副反応を疑った場合に国へ報告する。県にも件数が伝えられるが、基礎疾患の有無や死亡時の状況などは把握していないという。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG