注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県内で、新型コロナウイルス感染者計11人が確認

医療・福祉
         

 岡山県内で21日、新型コロナウイルス感染者計11人が確認された。1日に判明した数ではこれまで最多。津山市のほか、岡山市では会社の同僚4人、総社市では高齢者施設関連の4人で、県は同施設にクラスター(感染者集団)発生に備えた専門家チームを初めて派遣した。いずれも無症状か軽症とみられる。県内での陽性確認は184人(再陽性を除く)となった。
 岡山市は、20代男性2人、40代男性、60代女性。いずれも18日に感染を公表した20代員男性と同じ事業所に勤務し、接触者としてPCR検査を受けて判明。すでに確認された2人を含めて同事業所で6人が感染したことで、県内4例目のクラスター発生と判断された。それぞれの濃厚接触者などを調査中。
 総社市での感染者確認は初で、同じ高齢者施設に入所する70代男性、90代以上の女性2人と、勤務する20代介護従事者男性。70代男性が16日から発熱が続いたため検査を受け、あと3人は接触者として検査を受けて陽性と判明した。専門家チームが同施設に入り、感染予防の指導をするなどした。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG