注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県内で計24人が新型コロナウイルスに感染

医療・福祉
         

 県などは18日、県内で計24人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。津山、赤磐市各1人、倉敷市3人、岡山市19人。津山市の高齢者施設と岡山市の接待を伴う飲食店では県内11、12例目となるクラスター(感染者集団)が発生。さらにこれまで感染していた高齢の患者1人が新型コロナで死亡したことも公表した。県内での陽性確認は429人(再陽性を除く)、患者の死亡は11人となった。
 津山市の患者は、80代女性で、すでに入所者と職員計4人の感染が公表されている軽費老人ホーム・イーエスガーデン(津山口)の入所者。接触者としてPCR検査を受け、いったん陰性と判定されたが、16日に発熱や下痢など体調が悪化して市内の病院に救急搬送され、再検査の結果、陽性と判明した。重症という。
 社会福祉法人・江原恵明会(同所)は18日、ホームページで新たな陽性者1人の確認を公表。保健所と連携を図りながら対策に万全を期し、利用者のサービス継続に努めるとしている。
 岡山市の患者は、10~50代の男女18人と年代性別非公表の1人で、1日の確認数では過去最多。赤磐市の患者は20代アルバイト女性。倉敷市の患者は20代アルバイト女性、40代会社員男性、60代男性。
 このうちクラスター関連は岡山市の4人と赤磐、倉敷市の各1人で、同じ岡山市の接待を伴う飲食店に勤務する10~30代の男女6人。16日に感染が公表された20代女性の同僚で、濃厚接触者として検査した結果、陽性と判明した。いずれも無症状か軽症という。感染した計7人の従業員のほか現在、利用客を含む接触者の検査を進めている。同市のあとの患者も無症状か軽症。倉敷市の患者で、岡山市のクラスター関連(20代女性)以外は、40代男性が軽症、60代男性が中等症という。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG