注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県内初!無人×キャッシュレス 「スマートストア」オープン AI活用で効率化も/岡山・真庭市

経済・産業 店内でバーコードを読み取り買い物する様子
店内でバーコードを読み取り買い物する様子
         

 岡山県真庭市の住民組織・吉縁起村協議会は29日、県内初の無人販売・キャッシュレスのスマートストアを真庭市吉にオープンさせた。地域住民の利便性の向上を目指し、市内外の中山間地域の店舗拡大の足掛かりにする。

 同地区周辺にスーパーやコンビニがなく、住民の要望を受けて計画。AIを活用した発注予測で売上や利用者の増加を目指し、人件費削減など経営の効率化を図る。

 民家の木造2階建ての一部(約10平方メートル)を改装して米や調味料、飲料など100品を取りそろえ、午前7時から午後8時まで営業。

 利用者は、事前に専用アプリでクレジットカード情報を登録。店頭にあるQRコードにスマホをかざして入店し、購入したい商品のバーコードを読み取り、画面上で決済をする。

 月に2回、隣接するスペースで地域の特産品や手作り加工品も販売していく。

 初日は鈴木晶徳同協議会長ら関係者がテープカットでオープンを祝い、家族連れらが続々と訪れて利用した。

 同所の杉原早苗さん(66)さんは「買い物が以前よりも便利になった。地域のにぎわいにもなるとうれしい」と話していた。

 同協議会は市を含め地元の5団体が昨年12月に設立した。

テープカットをする関係者
テープカットをする関係者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG