注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県知事選 舌戦を繰り広げる

行政・公共
         

 任期満了に伴う県知事選は8日、告示される。いずれも無所属で、3選を目指す現職の伊原木隆太氏(54)、新人で元共産党県議の森脇久紀氏(57)が出馬の準備を進めており、現県政の評価を最大の争点にした一騎打ちとなる公算。25日の投開票に向けて舌戦を繰り広げる。
 伊原木氏は、自民、立民、公明、日本維新の県組織、連合岡山が推薦。県政の最重要課題としている「教育県岡山」の復活や産業振興をはじめ、▽新型コロナウイルス感染症の専用外来設置や検査体制などの強化▽西日本豪雨からの復旧・復興推進▽医療・福祉の充実▽移住・定住の促進―などを掲げる。
 森脇氏は、共産党県委員会や労組などでつくる「民主県政をつくるみんなの会」を支持母体に、同党が推薦。県民の命と暮らしを最優先にした県政への転換を強調し、▽PCR検査の拡充、経営難の事業者支援といった新型コロナ対策▽障害者の医療費の原則無料化▽学校現場の正規職員の増員―などを掲げる。
 立候補の受け付けは、県庁分庁舎で午前8時半〜午後5時。
 9月1日現在の有権者数は157万7752人(男75万3249人、女82万4503人)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG