注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

県知事選は25日投開票、無所属現職の伊原木隆太氏(54)が、無所属新人で元共産党県議の森脇久紀氏(57)を大差で制し、3選を果たした

行政・公共
         

 任期満了に伴う県知事選は25日投開票され、無所属現職の伊原木隆太氏(54)が、無所属新人で元共産党県議の森脇久紀氏(57)を大差で制し、3選を果たした。投票率は33・68%で、前回(33・91%)を0・23ポイント下回り過去最低を更新した。
 現県政運営の評価が最大の争点となる中、伊原木氏は2期8年の実績とともに「新型コロナ対策の強化、西日本豪雨災害からの復旧、復興を進め、元気な岡山県を取り戻す」とアピール。最重要課題に掲げる教育県復活や産業振興の取り組み継続、医療福祉の充実、移住定住の促進なども訴え、自民、立憲民主、公明、日本維新の会の県組織、連合岡山の推薦を追い風に、無党派層を含めて県内全域で着実に支持を広げた。
 岡山市内のホテルで陣営が開票を見守る中、投票締め切りの午後8時を回った直後に当確が報じられ、程なく会場入りした伊原木氏は支援者らと喜びを分かち合った。
 「コロナの影響でやりづらい選挙だったが、多くの人の支えと励ましに期待を感じた。あと4年間頑張ろうと思う。県民に対し、コロナ対応も含め、未来につながるビジョンを示していきたい」と決意を述べた。
 森脇氏は、「県民の命と暮らしを最優先にした県政への転換を」と強調し、PCR検査の拡充、障害者の医療費無料化、小中学校の正規職員増員などの政策を訴え、共産党が推薦、同党県委員会や労組でつくる「民主県政をつくるみんなの会」が支援したが、浸透しなかった。
 当日有権者数は156万5549人(男74万6533人、女81万9016人)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG