注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

真庭市新型コロナウイルス感染症対策本部会議ひらかれる/岡山・真庭市

行政・公共
         

 真庭市新型コロナウイルス感染症対策本部会議が27日、岡山県真庭市久世の市役所本庁舎で開かれた。国の特別定額給付金の対策室を5月7日に開設できるよう準備を進めていることなどを承認した。
 関係者約40人が出席。太田昇市長が「しっかりと連携を図ってまいりたい」とあいさつした。
 協議では、給付金対策室は、生活環境部所管で、くらし安全課長を統括者に職員4人態勢で設けるとし、申請書の発送を5月11日に行うことを確認。市立小中学校と市立図書館は4月29日から5月6日までを休業、休館し7日から再開(状況によって変更の可能性あり)する。一方、幼稚園、保育園、認定こども園は臨時休校期間中も通常通り開園する。放課後児童クラブは通常通りの時間に開所し、午前中は行わないなどと報告した。
 また、県北の津山、新見、真庭、美作の4市長が連名で中国自動車道でも来県者に対して検温を行うよう、知事、美作県民局長あてに要望書を提出したことの紹介もあった。
写真
あいさつする太田市長


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG