注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「誇り持ち、積極的に行動」 真庭JC理事長・妹尾さん 初仕事は能登への支援物資/岡山・真庭市

ひと 真庭青年会議所(JC)第62代理事長 妹尾一輝さん
真庭青年会議所(JC)第62代理事長 妹尾一輝さん
         

 岡山県真庭青年会議所(JC)の第62代理事長に就任した妹尾一輝さん(37)は、「懸命〜今を生きる」をスローガンに掲げる。

 「昨年創立60周年を迎えた。先輩方が世のため人のため懸命に活動を積み重ねてこられた結果。この歴史・伝統に誇りをもち積極的に行動することで、さまざまな地域課題の解決、地域の発展へとつなげていきたい」

 2013年入会。まちづくり委員会委員長、出向委員会委員長、副理事長などを歴任。岡山ブロック協議会に出向し、傑出した人財育成委員会委員長も務めた。

 理事長就任最初の仕事は、能登半島地震の災害支援物資の準備だった。日本青年会議所の要請で、地震発生の翌日2日には支援物資の荷造りを開始。3日には岡山ブロック協議会事務局が指定する倉敷に送り届けた。

 「実践力がJCのすごいところ。こんな仲間が全国にいることを誇りに思う」

 JC活動・運動の魅力は「人脈、チャレンジ、学びの場がたくさん与えられること」。19年には県内15JCのアカデミー会員を対象にした研修会の委員長を務め「真庭で真夏のスポーツ雪合戦」を開催。

 「目的があればすごい力を発揮する。濃い時間を共有できた」

 会員は14人。「会員拡大が課題。他団体との連携にも積極的に取り組みたい。真庭を盛り上げる仲間を1人でも多く増やしたい」

 あいでんセノオ店。3月から代表取締役。妻と子ども3人の5人暮らし。趣味はゴルフ。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG