注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

秘けつは「衣食住大切に」 100歳迎える女性を市長ら祝福 「多くの人の支えのおかげ」/岡山・津山市

行政・公共 市からの記念品を手に、祝福を受ける竹内さん
市からの記念品を手に、祝福を受ける竹内さん=岡山県津山市で
         

 16日に100歳の誕生日を迎える岡山県津山市の竹内常子さんが14日、利用している同市の小規模多機能型居宅介護事業所「あかるい農村」で、谷口圭三市長や駆け付けた家族らから祝福を受けた。

 竹内さんは同県勝央町で8人きょうだいの末っ子に生まれ、大切に育てられてきた。23歳で農家の秀夫さんと結婚。米や野菜の栽培・収穫と仕事に励む一方で、家では得意の料理で腕をふるうなどし、3人の息子を育て上げた。長生きの秘けつについて「生活の基盤となる衣食住を大切にすること」と話す。

 8人の孫、9人のひ孫にも恵まれた現在、週に5日施設に泊まり、残り2日は自宅で家族と過ごす日々を送る。心優しい事業所のスタッフと友人たち、息子らに囲まれ、とても幸せと感じているという。

 この日、施設内では百寿を祝う会が開かれ、長男の基さん(74)とめいの下山和江さん(77)、利用者たちも出席。小椋美惠子管理者が「どんな苦労も乗り越えてきた竹内さんの前向きな姿に、みんな力をもらっている」と祝いの言葉を述べた後、谷口市長が「この先も健勝で満ち足りた生活を送ってもらいたい」と記念品の肌掛け布団を手渡した。

 竹内さんは「長生きできたのは多くの人が支えてくれたおかげ。これからもこの施設に通い、みなさんと楽しく過ごしていきたい」と語った。

 9日時点で市内の100歳以上のお年寄りは、竹内さんを含めて102人(うち女性93人)。最高齢は女性109歳、男性104歳となっている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG