注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

カッパになりきる「ごんごおどり」 まつりに向けて練習スタート ユーモラスで軽快な動きが特徴/岡山・津山市

イベント 「ごんごおどり」を練習する参加者
「ごんごおどり」を練習する参加者=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市山北の津山総合体育館で4日、津山納涼ごんごまつりを盛り上げる「ごんごおどり」の講習会が始まり、子どもから大人まで約150人が熱心に練習した。まつり初日(8月5日、奴通り)の総踊りに向け、25日まで計4回行われる。

 振り付けを考案した舞踊集団宮坂流の宗家・宮坂身志さん(73)と家元・一樹さん(27)らが訪れ、指導した。参加者たちはアドバイスを受けながら音頭に合わせ、ごんご(カッパ)のユーモラスな手足の動きなどを繰り返し練習。しだいに慣れて所作がそろい、本番さながらに軽快に踊っていた。引き続き、同日にある「和っしょい!津山」の練習も行った。

 林田小学校6年の山田一夏さん(11)は「毎年出ていて踊りを覚えているので、みんなで楽しく練習できた。まつりでは優勝を目指して頑張りたい」と話していた。

 ごんごおどり事務局によると、30団体、約1200人がエントリーしている。

 


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG