注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第三セクター・津山街づくり会社、2020年3月期決算を報告/岡山・津山市

経済・産業
         

 アルネ津山を管理運営する第三セクター・津山街づくり会社=岡山県津山市=は28日、第26期定時株主総会を開き、2020年3月期決算を報告。営業利益は560万円(前期117万円)を計上したものの、当期純損失は201万円(前期同686万円)で3年連続の赤字となった。
 同社決算書によると、来客数は230万6266人(前期比3.6%減)。テナントの家賃収入と事業収入による当期売上高は3億8399万円(前期比0.9%増)。商業施設の売上は、専門店が前期並みを確保したものの、核テナントの天満屋は主力の衣料品が暖冬で苦戦した上、コロナ禍も影響して前期を下回った。指定管理者として運営している公共施設のベルフォーレ津山、市立文化展示ホール、地域交流センターとも利用収入は前期を上回ったが、堅調だったベルフォーレが年度末にコロナ禍の影響でイベントが中止されて伸び悩んだ。販売管理と一般管理の経費は照明のLED化などで3億7834万円(同0.3%減)に抑制。経常損失は193万円(前期同679万円)だった。
 菅田茂社長は今後の運営について「コロナ禍収束後は国などの景気対策を活用し、テナントと連携して利用者の利便性と収益向上、指定管理施設の集客力アップを目指す。さらに一層の経費節減を図り、経営基盤の健全化に努める」と述べた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG