注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第10回「RAKUアート倶楽部展」

芸術
造形絵画などを観賞する愛好者
         

 第10回「RAKUアート倶楽部展」が新魚町の市立文化展示ホールで開かれ、表現の幅を広げた「造形絵画」などの意欲作に来館者が見入っている。13日まで。
 同倶楽部で制作を楽しむ愛好者38人と、主宰する美術家・山形楽さん(69)=小田中=が近作約70点を出展。
 メインの造形絵画はアクリルやパステルをベースに様々な立体素材を組み合わせており、ハスの花を描いたキャンバスをコケを添えて水辺に見立てたり、桜満開の津山城の額縁に造花をちりばめたり、カラコルム山脈の岩峰を切り抜くなどユニークな発想が目を引く。さらにマスクとウイルスでコロナ禍を象徴した作、眼光鋭いトラの顔を獣毛で覆った作も面白い。このほか風景や人物をモチーフにした油彩、水墨画、墨彩画も並ぶ。
 山形さんは「ミクストメディアとも言える造形絵画は、それぞれ従来の固定観念にとらわれない多様な表現ができており、節目にふさわしい内容。ぜひ見てほしい」とPRしている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG