注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第29回「理波展」開催

芸術
         

 第29回「理波展」が新魚町のアルネ津山4階・市立文化展示ホール(岡山県津山市)で開かれ、趣向を凝らした書作品に来館者が見入っている。27日まで。
 書家・山下虔華さん(小原)が主宰する「遊之会」のメンバー30人が近作145点を出展。
 今回は「燃えよ炎のごとくに」をテーマに、鬼滅の刃の挿入歌「炎(ほむら)」の歌詞、自作の詩文、正岡子規の俳句、三十六歌仙の和歌などが流麗な仮名や調和体でつづられ、象徴的な文字を大書きにした遊書も印象深い。
 さらに子どもたちが谷川俊太郎の詩を題材にした作、趣ある篆(てん)刻、遊之会とコラボして10年を迎えた「あひるの会」のダウン症児たちが創作した「火の輪」の立体書も目を引く。
 山下さんは「思い思いに筆をはしらせ、個性や感性が表現されている。展示スタイルも工夫しており、楽しんで見てもらえる」と話している。

趣向を凝らした書作品に見入る愛好者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG