注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第3回作州絣保存会作品展(岡山県津山市)

歴史・文化 作州絣の作品に見入る愛好者
         

 第3回「作州絣保存会作品展」が岡山県津山市新魚町のアルネ津山4階・市立文化展示ホールで開かれ、丹精込めた県郷土伝統的工芸品・手織り作州絣(かすり)の意欲作が来場者の注目を集めている。22日まで。
 市内外の有志でつくる同会(日名川茂美会長)が4年ぶりに企画し、会員34人が近作約80点を出展。
 花々やアサの葉模様、チョウ、ツル、石垣、幾何学模様といった多彩な絵柄を織り込んだ反物、それらで仕立てた着物をメインに、洋服、のれん、テーブルセンター、トートバッグなどが並ぶ。
 中には栽培した綿を使い、数人で糸から手紡ぎし、括(くく)り、藍(あい)で染め抜き、桜の花びらをちりばめたように織った共同作品もあり、訪れた人たちは熱心に観賞。
 日名川会長(66)は「それぞれ腕を磨いてスキルアップした会員たちが、コロナ禍の中でじっくりと取り組み、レベルの高い縦横絣、斬新なデザイン、2年がかりの労作もあり、多くの方に見てほしい」と話している。
 同絣は明治期からの歴史を持つ綿織物で、1997年に織元が一度絶えたが、同会が2007年から復興に向けて活動を続けている。

多彩な作州絣の作品に見入る愛好者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG