絵本作家 都井佳彦さん 『ぼくらのひみつきち』新作絵本出版

ひと
         

加茂町小中原出身の絵本作家・といよしひこさん(41)=大阪市在住、本名・都井佳彦=の新作絵本『ぼくらのひみつきち』が出版された。古里加茂の豊かな自然がモチーフで、少年たちが描き出す物語に夏のエネルギーがあふれる。
 作家デビュー前の2015年のコンテスト出品作が原本で、優秀賞に選ばれたものの出版には至らず眠っていた。その後、出版ワークス(神戸市)から書籍化が決まり、20年秋から約1年半かけて全ページを描き直した。
 都会から引っ越してきた少年が地元の子どもたちに誘われ、夏にしか行けない特別な場所、夏山の”ひみつきち”へと向かうストーリー。青空にふくれ上がる真っ白な入道雲、周囲の山と田んぼの鮮やかな緑、オオサンショウウオが暮らすキラキラ輝く渓流、途中で見つけた不思議な木の実など、加茂の景色や、といさんが子どものころ体験した思い出と想像を織り交ぜ、水彩色鉛筆でいきいきと描いた。セリフには地元の方言を盛り込んでいる。
 といさんは「都会に暮らすからこそ自分自身、自然の豊かさなど地元の良さが分かった。子どもたちに読んでもらうだけでなく、大人にも当時を懐かしいと思ってもらえたらうれしい。これからも田舎の魅力を発信したい」と話している。
 34㌻。1760円(税込み)。市内では津山ブックセンターなどで取り扱っている。


1『ぼくらのひみつきち』

2といよしひこさん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG