注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作地域の放課後デーサービス関係者を対象にした新型コロナウイルス対策の会議/岡山県

行政・公共 美作地域の放課後デーサービス関係者を対象にした新型コロナウイルス対策の会議
         

 美作地域の放課後デーサービス関係者を対象にした新型コロナウイルス対策の会議が12日、津山市役所で開かれ、感染者が出た場合の対応などについて情報収集した。
 NPO法人「未来へ」の呼びかけで開き、事業所と行政、県民局の担当部署から約40人が参加。アンケート結果をもとに作成した質問に、県民局の担当者が答える形で進行した。
 全15項目あり、感染症発生時の保健所の動きを説明したうえで、メディアへの公表基準や補償などについて回答があった。「子どもの家族から陽性患者が出たとき、濃厚接触の可能性がある子どもをPCR検査して陰性だった場合、家族と生活を共にしていても通所ができるのか」には「14日間の健康観察が必要になり、その間は施設に通わない方が望ましい」と答えた。
 今会議の質問と回答を取りまとめて各事業所に配布する予定。
写真
美作県民局管内の放課後デーサービス関係者が新型コロナウイルス対策について意見交換した


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG