注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作学園、構内に整備する新棟の起工式を行う

教育・保育・学校 美作学園、構内に整備する新棟の起工式を行う
         

 美作学園は4日、美作大学・同短期大学部(北園町)の構内に整備する新棟の起工式を現地で行った。老朽化で耐震が必要だった2棟の機能を移す。2022年4月の使用開始を予定している。
 陸上競技のトラックの内側にある芝生広場に鉄骨4階建て1棟(延べ床面積約5300平方㍍)を建設。講義室や研究室、食物学科や児童学科などが使う演習室、同窓会室などを備える。総工費約17億500万円。
 起工式には同学園や施工業者の関係者約30人が出席。藤原修己理事長ら幹部は「耐震化をはじめ、教育面でも必要とされた最新鋭の設備になる。ゼミ活動や交流がさらに充実することを期待している」と話した。
 旧校舎の2棟は1969年と74年に完成し築約50年。ともに取り壊すという。

美作大学・同短期大学部の新校舎の完成予想図


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG