注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美作市消防住宅用火災警報器啓発

行政・公共
         

 春の火災予防運動(1〜7日)に合わせて美作市消防本部などは2日、美作市明見のスーパーマーケット・Aコープみまさか店で住宅用火災警報器の設置を呼びかけた。
 予防課の職員、女性防火クラブのメンバー計6人が参加。「今は火事が起こりやすい時期。命を守るためにもお願いします」などと声をかけながら、ガイドブックやトイレットペーパーなどの啓発グッズ50セットを配った。また、管内(美作市、西粟倉村)の設置状況を調べるためにアンケート調査も行った。
 同本部によると2日現在の時点で、調査対象7880世帯中5558世帯が火災警報器を設置している。内海勝彦予防課長は「電化製品の劣化や故障が原因で火災が起こる場合もある。すでに備えている人は点検を怠らず、10年を目安に交換してほしい」と話している。

買い物客に調査を行ったり啓発したりする職員ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG