注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美咲町で鳥インフルエンザ発生

行政・公共
         

 岡山県は2022年12月20日、美咲町の農場で飼育するアイガモから高病原性H5亜型の鳥インフルエンザを検出したことを明らかにした。飼育されているアイガモ全2万3000羽の殺処分を始めた。近隣の養鶏場では今のところ異常はないという。
 県によると、19日朝、「数日前からアイガモが死に始めた」と津山家畜保健衛生所(草加部)に連絡があり、簡易検査をした13羽のうち6羽から陽性を確認。その後、遺伝子検査を実施した。
 殺処分は県と町の職員ら約50人で行い、並行して汚染物品の埋却、消毒作業も明日まで進める。
 ウイルスが検出された農場から半径3㌔圏内を鶏や卵の移動制限区域、同3〜10㌔圏内を搬出制限区域とし、畜産関係の車両を対象とする消毒ポイントを津山、美作市、久米南町の計4カ所に設ける。
 鳥インフルエンザは、A型インフルエンザが引き起こす鳥の病気で、高病原性と低病原性に区分される。国内では鶏肉や卵を食べて人が感染した事例の報告はない。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG