注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

美咲署 運送団体や町教委と通学路の安全確保に向け連携協定

暮らし 協定書に署名した青木署長ら-岡山県美咲署
         

 千葉県八街市で6月下旬、児童が下校中にトラックにはねられ死傷した事故を受け、美咲署は7日、管内の運送団体や町教委などと、通学路の安全確保に向けた連携協定を締結した。一体となって危険箇所の事故防止などにつなげる。
 協定を結んだのは、管内76事業所の安全運転管理者が所属する「美咲安全運転管理者協議会」や運輸関係の10事業所が加盟する「美咲運行管理者協議会」、美咲、久米南町教委の4団体。
 協定内容は、各事業所については「管内の通学路で事故が起こる可能性のある箇所を把握し、運転手や職員に対して十分注意するよう指導を行う」、小学校では「通学路の安全点検を行い、登下校中に不審者に狙われやすい場所を把握する」、警察は「学校の通学の時間帯に合わせ警戒活動や交通指導、取り締まりを強化する」など。
 美咲町打穴中の同署で、各代表者が協定書に署名した。美咲安全運転管理者協議会の稲谷雄治会長は「従業員一同で子どもらの命を守っていく」。青木誠署長は「地域が一丸となって取り組み、交通の安全だけでなく防犯の強化も図っていきたい」と話した。
 千葉県八街市で発生した事故では、徒歩で下校中の児童の列にトラックが突っ込み、5人が死傷した。運転手は酒気帯びだった可能性があるという。

協定書に署名した青木署長ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG