注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

職人技光る「染型紙」 和紙に多様な文様や絵柄 12日までミニ企画展/岡山・津山市

芸術 精緻で美しい文様が刻まれた型紙に見入る来館者
精緻で美しい文様が刻まれた型紙に見入る来館者=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の津山郷土博物館で20日、ミニ企画展「文様を楽しむー染型紙の技とデザインー」が開かれ、精緻で美しい文様が刻まれた型紙に来館者が見入っている。2月12日まで。

 柿渋を塗った固い和紙に職人が絵柄や模様を彫った染型紙は、着物生地の「型染め」に使われ、江戸中期には三重県鈴鹿市などで多く生産。今回は津山市加茂町の民家から寄託された型紙21点を出展した。

 モミジやキキョウ、麻の葉、ひし形などをあしらった多彩な文様が並び、どれも手作業ならではの味わい深さがある。2匹のコイを大胆にレイアウトした絵柄や、さまざまな馬が組み合わさった斬新な作もあり、来館者は感心した様子でじっくりと眺めていた。

 倉敷市の会社員・木下歩さん(40)は「職人技が光る繊細な柄に引き込まれた。個性的で愛らしいデザインもあって面白い」と話していた。

 問い合わせは、同博物館(TEL:0868-22-4567)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG