注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

焼きおに「おいしい」 児童が収穫したお米味わう 協力者招いて「感謝祭」/岡山・津山市

教育・保育・学校 七輪を使って上手におにぎりを焼く子どもたち=岡山県津山市で
七輪を使って上手におにぎりを焼く子どもたち=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の河辺小学校で6日、「お米収穫・感謝祭」が開かれ、2年生57人と5年生53人が自分たちで収穫した米で作ったおにぎりを焼いて食べ、農業の大切さについて理解と関心を深めた。

 授業の一環で昨年6月初旬から10月初旬まで、森安二子さん(74)=同市瓜生原=の田んぼで、JA晴れの国岡山の職員や地域住民らに助けてもらいながら、田植えや稲刈りに取り組んできた。今回、感謝の気持ちを込めて森安さんらを招待して「感謝祭」を実施した。

 子どもたちは、七輪を使って昔ながらの手法で焼きおにぎり作りに挑戦。持ち寄ったおにぎりを金網に乗せ、焼き加減を確かめながら食べ頃になるのを待った。表面がこんがり色づくと、塩やしょうゆ、みそを付けて早速賞味。「おいしいね」と話しながら和気あいあいと過ごしていた。最後はお世話になった人たちにお礼の言葉を伝えていた。

 森安さんは「元気な子どもたちの姿をみると生き生きとしてくる。普段体験できないことができて充実した時間を過ごせた」。5年1組の篠田楓君(11)は「自分で刈り取ったお米と思うと、よりおいしく感じた。地域とJAのみなさんに感謝したい」と語っていた。

自分たちで焼いたおにぎりを食べる子どもたち
自分たちで焼いたおにぎりを食べる子どもたち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG