注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

舞踊と和楽器の〝アンサンブル〟 華麗なステージで魅了 ファンも「心動かされた」/岡山・津山市

歴史・文化 観衆を魅了する宮坂流の華麗なステージ
観衆を魅了する宮坂流の華麗なステージ
         

 舞踊集団「宮坂流」による公演会「これが宮坂のアンサン舞(ブ)流(ル)」が岡山県津山市のリージョンセンターで開かれ、舞踊と和楽器が織りなす華麗なステージが約300人の観衆を魅了した。

 2代目家元・宮坂一樹さんが監修し、津軽三味線奏者の小田島旺泰さん(東京都)、和太鼓奏者の平田理子さん(鹿児島県)らが出演。現代的に親しみやすくアレンジした「春の海」「おてもやん」など16曲を披露した。

 3人による舞踊「遊園」では、力強い演奏に合わせて一樹さんが繊細かつダイナミックにパフォーマンス。華やかな衣装で子どもも参加した「東京ブギウギ」や、能登半島地震が起きた石川県へのエールを込めた民舞もあり、観客たちは多彩な演目に惜しみない拍手を送った。

 宮坂流の20年来のファンという真庭市の横山雅俊さん(67)は「迫力ある舞踊と演奏に心動かされた。進化し続けるステージを今後も見届けたい」と笑顔で話していた。

 受付では同地震への義援金募金の呼びかけもあり、約9万円が集まった。

観衆を魅了する宮坂流の華麗なステージ
観衆を魅了する宮坂流の華麗なステージ


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG