注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

虐待防止への理解深めて 市役所に啓発コーナー設置 「疑わしいと思ったら相談を」/岡山・津山市

教育・保育・学校 児童虐待防止を呼びかけるコーナー=津山すこやか・こどもセンター
児童虐待防止を呼びかけるコーナー=津山すこやか・こどもセンター
         

 「児童虐待防止推進月間」(11月)に合わせて、岡山県津山市のこども子育て相談室は1日から、山北の市役所や津山すこやか・こどもセンターなどで啓発コーナーを設置し、多くの市民らに問題への理解を呼びかけている。

 同コーナーには活動のシンボル「オレンジリボン」を飾り、児童相談所虐待対応ダイヤル「189」が記載されたパンフレットやポケットティッシュなどを置いている。市役所(1〜10日)や市図書館前広場(21〜30日)でも同様に設置する。

 このうち、津山すこやか・こどもセンターでは30日まで実施。館内にシンボルカラーを使った飾り付けを施し、職員たちはリボンを付けて啓発。玄関付近では「みんなの力で子どもを守ろう」「子どもはみんなの宝物」といった来館者が書いたメッセージが掲示され、関心を集めている。

 こども子育て相談室によると、昨年度に寄せられた通告・相談件数は計445件でこのうち児童虐待とみられるのは137件。「地域の人たちも子どもたちの様子を見守ってほしい。疑わしいと思ったら相談を。また、苦しんでいる子どもたちからの相談も受け付けている」と呼びかけている。 

 問い合わせは、こども子育て相談室(TEL:0868-32-7027)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG