注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

現職と新人一騎打ちへ 任期満了の村長選が告示/岡山・西粟倉村

行政・公共 選挙報道
選挙報道
         

 任期満了に伴う西粟倉村長選が22日、告示された。立候補は午後5時まで村役場で受け付けられるが午前11時現在、新人で元同村教育委員長の春名佳基氏(68)=影石=、4選を目指す現職の青木秀樹氏(68)=長尾=(いずれも無所属)が届け出ており、一騎打ちの舌戦となる見通し。

 春名氏は「社会規範や財政規律を重視し、住民同士の話し合いで、透明性のある村づくりを目指す」とし▽地域産業の振興▽教育環境の整備▽医療、福祉サービスの充実▽子育て世帯への支援-などを訴えている。

 青木氏は森林整備や民間との協働事業などの実績に触れ、「人口減少に歯止めをかけ、村民が希望を持てる将来への道筋をつける」として▽子育て環境の充実▽地域医療インフラ整備▽雇用創出-などをアピール。

 投票は27日午前7時から午後6時まで、あわくら会館(影石)で行われ、西粟倉中学校体育館(同所)で開票される。

 有権者数は21日現在、1141人(男530人、女611人)。

青木秀樹氏(68) 無現③ 村長、龍谷大学、長尾
春名佳基氏(68) 無新 農業、京都産業大学、影石


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG