注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

観光土産品卸し・企画のタナベ レトルトカレー 新商品発売

経済・産業 新発売のひるぜん親鳥カレーと蒜山ジンギスカンカレー
新発売のひるぜん親鳥カレーと蒜山ジンギスカンカレー
         

 観光土産品卸し・企画のタナベ(宮尾)は、地域おこし団体とのコラボによるレトルトの新商品「ひるぜん親鳥カレー」「蒜山ジンギスカンカレー」を発売した。
 ひるぜん焼きそば好いとん会(石賀幹浩会長)、ひるぜんジンギ好会(同)の提案、監修を受けて商品開発。
 親鳥カレーは、親鳥のかしわ肉をバターやニンニク、チャツネ、ガラムマサラ、隠し味の山椒とともに柔らかくなるまで煮込んだ。200グラム、670円。ジンギスカンカレーは、ラム肉をバランスよく配合したフルーツとスパイス、バター、コチュジャンなどとともにじっくり煮込んだ。200グラム、780円。
 取り扱いは、道の駅・久米の里(宮尾)、ヒルゼン高原センター(真庭市蒜山上福田)。
 田邊久人社長(43)は「どちらも通常よりスパイシーにし、肉も食感と風味よく仕上げている。コロナ禍で低迷した観光が回復基調にある中、新たな土産物として今後、ほかの観光施設にも販路を広げていく」としている。

新発売のひるぜん親鳥カレーと蒜山ジンギスカンカレー


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG