注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

認知症とフレイル予防に理解深める 城北地区「高齢者の福祉健康講座」

医療・福祉
講座を受講する高齢者たち
         

 城北地区「高齢者の福祉健康講座」(市民の健康と福祉のまちづくり推進会議など主催)が山下の雇用労働センター(岡山県津山市)で開かれ、高齢者約60人が認知症とフレイル予防について理解を深めた。
 市健康増進課の保健師・石本あす香さんと市地域包括支援センターの看護師・小林伊津美さんがそれぞれ講演。
 石本さんは市内の高齢者のうち、7人に1人(約4600人)が認知症患者にあたるとし、「認知機能の低下を見逃さず、早期発見することで進行を止めることができる」と強調。小林さんは、適切な食事と運動に加え、人と交流することがフレイル予防につながると話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG