注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

認知症への理解を広める活動の展示 開催

行政・公共 認知症に関する活動展示に見入る市民
認知症に関する活動展示に見入る市民
         

 認知症への理解を広める活動の展示(市地域包括支援センター主催)が山北の市役所市民ホール(岡山県津山市)で開かれ、来庁者が認知症に対する理解を深めている。2022年12月26日まで。
 同センターを中心にとした支援団体が、世界アルツハイマーデー(2022年9月21日)に合わせて開催したイベントをパネルや写真で紹介。認知症支援を表すオレンジ色の物を身に付けて街を歩く「オレンジウオーク」や、園児や高齢者がオレンジ色の花を育てた「ガーデニングプロジェクト」など、当事者と地域の交流の場をつくり、暮らしやすい社会にするための取り組みが並ぶ。介護福祉士らが作ったメッセージ付きの手形アートも目を引く。
 西吉田の会社員女性(47)=津山市西吉田=は「こういった活動があることを初めて知った。認知症の方に向けたメッセージも優しさがこもっていて、喜ばれそう」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG