注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

認知症への理解を深めてもらうため、各種啓発活動がスタート

医療・福祉 認知症への理解を深めてもらうため、各種啓発活動がスタート
         

 世界アルツハイマーデー(21日)に合わせ、岡山県津山市内で各種啓発活動がスタートした。山北の市役所1階市民ホールなどでは、認知症への理解を深めてもらうためのパネル展が25日まで開かれている。
 津山市地域包括支援センターなど各種団体で組織する津山アルツハイマーデー実行委員会が実施した。市役所の会場では、「否定よりも肯定の気持ちで」といった接し方や、症状の特徴、早期発見の目安となるチェック項目、認知症カフェの様子などを紹介。「認知症サポーターキャラバン」のキャラクター・ロバ隊長のマスコットや塗り絵、ペーパークラフトも並んでおり、会場に箱を置いて市民の作品を募集している。認知症の人や家族への応援メッセージも展示している。
 展示は、JR津山駅と勝北支所(1〜30日)、市立図書館(1〜28日)、加茂町公民館(14〜25日)、久米支所(7〜25日)などでも開く。
 このほかの行事は▽若年性認知症市民フォーラム(11日午後1時〜、市総合福祉会館)▽オレンジライトアップ(14〜21日に津山城北側、19〜25日に美作大学)▽認知症予防講座(10月30日午後2時〜、コープ林田店)。
 問い合わせは、実行委事務局(℡0868-23-1004)。

p
市役所で開かれている認知症に関するパネル展


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG