注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

2024年パリパラリンピックを目指す選手を迎え交流授業/岡山

教育・保育・学校 田中選手との腕相撲に挑む生徒
田中選手との腕相撲に挑む生徒
         

 2024年パリパラリンピックを目指すパワーリフティング選手を迎えた交流授業が2022年12月16日、誕生寺支援学校弓削校地=岡山県久米郡=で開かれ、高等部の1〜3年生約90人がデモンストレーションを見たり、体験をしパラスポーツの魅力にふれた。

 今年で5回目。北京・ロンドン・リオパラリンピックに3大会連続出場した男子88キロ級の大堂秀樹選手、東京パラリンピック女子79キロ級で8位になった坂元智香選手、2021年世界選手権に出場した田中翔悟選手が来校した。

 大堂選手が実演を行い、60キロ、100キロに続き、集中力を高めて140キロを上げると、生徒たちから大きな拍手が送られた。この後、東京パラ開会式で使用されたトーチを持ったり、国際大会のメダルを首にかけて選手と記念撮影。最大握力97キロという怪力の田中選手との腕相撲や、ベンチプレスの体験も楽しんだ。

 質問コーナーでは「大変だったことをどう乗り越えたか」に、大堂選手は「けがや病気など大変なことや悲しいことを考えるよりも、それを乗り越えて成長した自分や楽しい未来を考えて。そうすることで僕は壁を感じずに競技を続けられている。将来を見越して、楽しいことを夢見て頑張ってほしい」と答えていた。

 生徒会長の楢木壱徳さん(18)は「腕相撲では比べものにならないほどの選手の力に驚いた。自分もフライングディスクをしているので、今日学んだ諦めないことの大切さを生かしていきたい」と話していた。

<関連記事>

津山朝日新聞社

2日間で総勢167人がトーチで炎をつなぎ、岡山県内での日程を終えた東京オリンピックの聖火リレー。最終...…

津山朝日新聞社

「人権スポーツふれあい教室」が11月22日、勝間田小学校=岡山県勝田郡=で開かれた。5年生80人が、...…


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG