注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

赤い羽根共同募金

医療・福祉 赤い羽根共同募金
         

 赤い羽根共同募金が1日から全国一斉に始まり、津山市内では市共同募金委員会(会長・小山了市社会福祉協議会長)のメンバーら約50人が百貨店やスーパーなど5カ所で市民に理解と協力を呼びかけた。今年の目標金額は1780万円で、12月末まで活動を展開する。
 新魚町のアルネ津山エントランスホールでは、小山会長ら約10人が「赤い羽根共同募金にご協力お願いします」と買い物客に声をかけた。募金した人たちは、赤い羽根の入ったポケットティッシュを持ち帰っていた。
 同委員会に昨年寄せられた募金は1647万119円。県共同募金会から1172万円の配分を受け、地域福祉活動、障害者・児童の施設整備、ボランティア活動支援、被災地支援金などに充てた。

赤い羽根共同募金の街頭活動をするメンバー=アルネ津山で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG