注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

配膳ロボット 試験導入

食関連 料理を客に運ぶ配膳ロボ「サービィ」=カルビ屋八戒美作店で
         

 ソフトバンクグループのソフトバンクロボティクス(東京都)が開発した配膳ロボット「サービィ」を、美作市中尾の焼き肉店「カルビ屋八戒美作店」が県北で初めて試験導入した。7月下旬までに本格導入することを検討している。
 飲食業界の人手不足解消や感染症対策が狙いという。系列店を含め、25〜27日の営業時間帯に店内で使って利便性を確かめた。
 サービィは高さ105㌢、幅約50㌢。トレーを三つ搭載し、料理などを最大30㌔まで運べる。センサーの精度が高く、60㌢の通路幅があれば使用可能。人や靴など高さ4㌢以上の障害物を回避する。タッチパネルで行き先のテーブル番号を押すと移動し、客が料理を取ると厨房に戻るほか、下げ膳の際には空いた皿を客に促すなどの設定もできる。3年間のレンタルと購入のプランがある。
 店を運営する大広(美作市林野)の安東大志社長は「コロナ禍による新しい生活様式や働き方改革など、飲食店を取り巻く環境が変わる中、持続可能な事業を目指したい」としている。
 県内では、岡山、倉敷市のラーメン店など6店舗がすでに導入しているという。

料理を客に運ぶ配膳ロボ「サービィ」=カルビ屋八戒美作店で


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG