注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

銅版画家・髙木巧治さん 日本・フランス現代美術世界展入選

芸術
         

銅版画家・髙木巧治さん(62)=勝央町勝間田=による連作「生命の葉」の2点が、第22回「日本・フランス現代美術世界展」(日本国際美術家協会主催)に初入選した。8月5日〜15日、東京都六本木の国立新美術館に展示される。
 生命の葉Ⅰ(縦約15㌢、横約20㌢)と同Ⅱ(縦6㌢、横10㌢)。いずれも木の葉をモチーフに、専用ニードルで彫ったエッチングに松やにを塗り、熱して版に細かい気泡状の凹凸を出す「アクアチント」の技法を用いた1版多色刷りの銅版画。中でもⅠは、淡い緑のグラデーションとちりばめた葉の表現が相まって、みずみずしい芽吹きをイメージさせる。
 今回の同展には、日本とフランスの美術家を中心に347人から油彩、水彩、版画など計501点が出品され、公募部門(241点)ではフランスで長い伝統を誇るサロン・ドトーヌやル・サロンの重鎮らの審査により147点が入選した。
 髙木さんは、絵画収集を経て画商としても活動し、制作は還暦から始めて2年足らずながら今春、美術家の登竜門的公募展である「パリ国際サロン展」と「スペイン美術賞展」でも入選。
 「レベルの高い日仏の展示会だけに、出品した2点とも選ばれたのは駆け出しのアーティストとして自信になった。今後はより難関である欧州のビエンナーレやトリエンナーレへチャレンジしていきたい」とさらに創作意欲を燃やす。

日仏現代美術世界展に入選した「生命の葉Ⅰ」と髙木さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG