注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

はわさびー、なないろん… 非公認ゆるキャラが大集合 町内の特産品モチーフに学生描く/岡山・鏡野町

芸術 会場にならぶ個性豊かなゆるキャラのデザイン画
会場にならぶ個性豊かなゆるキャラのデザイン画=岡山県鏡野町で
         

 岡山県鏡野町奥津川西のかがみの近代美術館で6日、「鏡野ゆるキャラ展鏡野町非公認キャラクター大集合」が始まった。同町をテーマにした中高生・大学生ら自作のマスコットが訪れた人たちの目を楽しませている。7月9日まで。

 

 10月1日〜12月3日開催の「2023 OKUTSU芸術祭」で実施する企画展に向けて実行委は、小学生以上の県民を対象に町を盛り上げる「ゆるキャラ」のデザイン画を9月11日まで募集中。本番に先駆けて描いた柳通り美術教室(同県津山市)の生徒たち22人の40点を展示している。

 

 会場には「姫トウガラシ」「リンドウの花」「足踏み洗濯」といった町内各地域の特産・名産品をはじめ、伝統行事や観光スポットをモチーフにした作品がずらり。葉ワサビの食べ過ぎで体が緑に変色したワラビー「はわさびー」や同町羽出にある「七色樫」の妖精「なないろん」など一点一点にキャラクターが生み出された背景があり、作者の豊かな発想力とアイデアが光る。

 

 同芸術祭総合ディレクターでかがみの近代美術館館長・辻本髙廣さん(66)は「どの作品も個性的でユニーク。応募を考えている人にとって参考になるかもしれない。ぜひ見てほしい」と話している。作品は将来的に町役場や企業、店舗のPRとしての活用も視野に入れているという。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG