注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

鏡野町長選に、現職の山崎親男氏が立候補する意向

ひと 鏡野町長選に、現職の山崎親男氏が立候補する意向
         

 任期満了に伴う来年3月28日投開票の鏡野町長選に、現職の山崎親男氏(67)=同町中谷=が2日、5選を目指して無所属で立候補する意向を明らかにした。
 記者会見に臨み、今期で辞めることも考えていたと明かした上で、「新型コロナウイルスの感染拡大で地域が受けた影響は大きく、途中で投げ出すことはできない」と動機を語った。農業振興や森林づくり、健康づくりを最重点施策に掲げ、「地元に誇りをもち、帰りたいと感じるまちを目指す」と意気込んだ。
 山崎氏は津山工業高校卒。1992年から旧鏡野町議を4期務め、2005年の町村合併に伴う町長選で初当選した。13年からの2期は無投票だった。
 町長選には、無所属新人で元町議の光吉準氏(64)=同町真加部=が出馬を表明している。

山崎親男氏


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG