注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

長年の尽力に感謝 文部科学大臣表彰(生涯スポーツ功労者) 感慨深く身が引き締まる/岡山・津山市

行政・公共 文部科学大臣表彰を受けた河本さん(右)=岡山県津山市で
文部科学大臣表彰を受けた河本さん(右)=岡山県津山市で
         

 長年スポーツの普及奨励や指導にあたり、貢献している人をたたえる本年度「文部科学大臣表彰(生涯スポーツ功労者)」に、岡山県相撲連盟顧問で、津山相撲連盟名誉会長の河本良計さん(80)=津山市上河原=が選ばれた。22日、岡山県津山市山北の市役所で谷口圭三市長に喜びを報告した。

 河本さんは、中学生の時に相撲を始め、後に国民体育大会(国体)に選手として通算13回出場。その経験を生かして選手の育成に励み、教え子たちを国体へ導いた。監督としての出場は通算10回。静岡国体(2023年開催)では成年男子の部で県代表が団体でベスト8入りした。このほか、指導者の養成にも取り組んでいる。

 県相撲連盟では、理事(1976〜92年)、常任理事(92〜98年)、理事長(98〜2021年)、副会長(21〜23年)を歴任。またこの間、日本相撲連盟理事(03〜07年)も務めた。
この日、市役所を訪れた河本さんは「今まで励んできたことが評価されことは感慨深く、身が引き締まる思い」と報告。谷口市長は「長年尽力していただき感謝する。本市もスポーツを通じて地域を元気にしていきたいと思っている。ぜひ力を貸していただきたい」と激励した。

 生涯スポーツ功労者の表彰は昨年10月13日に東京都内で行われ、全国の161人(うち女性は33人)、県下では河本さんを含めて男性3人、女性1人が受彰した。

谷口市長に吉報を報告する河本さん(右)
谷口市長に吉報を報告する河本さん(右)


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG