注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

防災の日、岡山県警一斉訓練

天候・災害 防災の日、県警一斉訓練
         

 県警は1日、大規模な災害を想定した交通規制訓練を行い、県内全22署が各管内で停電した際の信号復旧の方法を確認した。
 真庭署=岡山県真庭市=は交通、地域課の署員6人が勝山の国道181号の3差路で信号機を止めて実施。交通の混乱を避けるため、警笛を吹きながら行き交う車両や歩行者を手信号で誘導した。電柱に備え付けてある設備に発電機を接続して点灯させたほか、交通信号制御機を操作してランプの色を切り替えた。
 勤続6年目の横田貴久巡査長(27)は「交通量が多い場所では渋滞や停滞が起こりやすく危険。的確に誘導するように務めます」と語り、近藤龍明交通課長(41)は「突発的に起こる災害に対して緊急な対応が求められる。迅速な行動がとれるようにしていきたい」と話した。

p
手信号で車を誘導する署員


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG