注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「公助には限界ある」 ”大人の社会見学”で防災学ぶ 「周囲の人との共助を」/岡山・津山市

行政・公共 消防署内を見学する参加者たち
消防署内を見学する参加者たち=岡山県津山市で
         

 本年度の岡山県津山市生涯学習講座「大人の社会見学」が始まり、市民たちが「防災」をテーマにした講義を受け、大雨や地震による災害に備えて見識を広めている。12月までに全3回実施する予定。

 初日は、同市林田の津山圏域消防組合防災学習センターで開かれ、参加者8人は同消防署内を見学したり、話を聞いたりして公的機関が行う救助活動「公助」について理解を深めた。

 同組合消防本部・原章主任(63)らが講師を務め、大規模災害時に行う消防隊員の活動を紹介。また、阪神・淡路大震災(1995年)の被災地へ派遣された時の様子も語り、「公助にも限界がある。その場合、周囲の人たちとの助け合いが重要になってくる」と「共助」の重要性を強調した。

 参加者は地震発生時を再現するシミュレーターを体験したほか、ポンプ車や救助工作車、救急車などを見ながらその役割を学んだ。

 竹内恵美子さん(65)は「1998(平成10)年に津山市で起きた水害で家が浸水したことを思い出す。災害はいつ何が起こるか分からない。いざという時に自分ができることを探していきたい」と話していた。

 第2回目は、自身の身の安全を守る「自助」についての講座を10月下旬に実施する予定。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG