注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

和牛のルーツのお味は? 畜産家が小学校で出前授業 独特の牛肉文化「すごい」/岡山・津山市

教育・保育・学校 和牛の原種や作州の食肉文化について聞く5年生
和牛の原種や作州の食肉文化について聞く5年生=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市の中正小学校で29日、地元の畜産家による出前授業があり、5年生14人が地元の畜産家から和牛のルーツや作州地域に根付いた食肉文化について学び、和牛のルーツとされる「竹の谷蔓(つる)」の干し肉を試食した。

 

 同市宮部上で「さくら牧場」を営む末澤雅彦さん(48)=北海道旭川市出身=が、映像や資料を見せながら家畜人工授精師・受精卵移植師として和牛の繁殖に取り組む様子を紹介。江戸時代後期の備中国釜村(現・同県新見市)が発祥とされる竹の谷蔓を飼育し、6次化として肉の販売まで手掛けていることを話した。

 

 さらに出雲街道に面した津山藩が、古くから盛んだった牛馬市を背景に「養生食い」を許されていた歴史にふれ「独特な牛肉の食文化があり、地元に和牛の原種がいるのは誇れると思う」と強調した。

 

 この後、家庭科室で「お肉ソムリエ」でもある末澤さんが加工し、妻の未央さん(49)が加熱調理した干し肉を全員で味わった。

 

 藤木美維さん(10)は「津山に牛肉を食べる習慣が昔からあるのはすごいと思う。干し肉はちょっと硬かったけど、味はとてもおいしかった」と話した。

 

竹の谷蔓の干し肉を試食する児童たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG