注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

高倉地区特産の自然薯(じねんじょ)が収穫期を迎え、1日から出荷が始まった

経済・産業 高倉地区特産の自然薯(じねんじょ)が収穫期を迎え、1日から出荷が始まった
         

 高倉地区特産の自然薯(じねんじょ)が収穫期を迎え、1日から出荷が始まった。品質は上々で、5日には恒例の「自然薯祭り」が開かれる。
 ミネラル豊富なトッコウ土に育まれた津山自然薯「草苅号」は、色白で風味と粘りが特長。滋養強壮にもよいといわれ、人気が高い。津山自然薯生産組合は約10戸で栽培に取り組んでおり、〝採れたて〟が出荷場に次々と運び込まれている。
 下山昌一組合長(74)は「今年は梅雨明け後の雨が少なかったためか、サイズはやや小ぶりだが、品質は良好。栄養豊富な津山自然薯のおいしさを多くの人に知ってもらいたい」とPR。今季は約2㌧の出荷を目指すという。
 祭りは下高倉西の同組合出荷場で午前10時から午後3時まで開催し、市価より2割安で販売する。また28日まで自然薯の直売と贈答用の発送も行っている。
 問い合わせは、同組合(☎293700)。


自然薯の出荷作業に励む女性たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG