注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

鶴山小学校で田植え体験

教育・保育・学校 鶴山小学校で田植え体験
鶴山小学校で田植え体験
         

 鶴山小学校(志戸部)の2年生が26日、同校近くの水田で田植えを体験した。54人が昔ながらの手植え作業を通して食の大切さを学んだ。
 同校では、米作りへの理解を深めようと10年ほど前から実施している。水田を所有する寺阪豊さん(70)と学校に給食の食材を提供するJA晴れの国岡山の職員が指導にあたったほか、地域のボランティアらも参加した。
 寺阪さんらから作業行程を教わった児童は、横一列に並び裸足で17?の田んぼへ。ぬかるんだ泥の中、「ぬるぬるする」「泥が足にまとわりつく」などと悪戦苦闘しながら慎重に歩き、コシヒカリの苗を丁寧に植えていった。
 始めて手植えの体験をした福田心結さん(7)は「簡単なように見えて大変な仕事だと気が付いた。おいしいお米を作ってくれるみなさんに感謝します」と話した。
 今後は稲の成長過程を観察するほか、秋には収穫体験したり、収穫をした米でおにぎりを作り、味わったりする。

田植えをしている鶴山小2年生児童


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG