注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

AIを活用した予約型乗合交通(デマンド交通)実証実験を開始 年内本格稼働目指す/岡山・津山市

行政・公共 「のるイコつやま」のロゴマーク
「のるイコつやま」のロゴマーク
         

 岡山県津山市は19日、阿波、加茂、勝北、久米地域で、AIを活用した予約型乗合交通(デマンド交通)の実証実験を1日から開始すると発表した。利用者が自宅周辺の乗降地点から、地域内の目的地やJRなどのハブまで乗り換えることなく移動が可能になる。年内の本格稼働を目指す。

 市営バスと地域巡回バスなどの運行を見直し、交通サービスと利用者ニーズのミスマッチの解消を図る。名称は、採用したJR西日本のAIデマンド交通「のるイコ」にちなみ、「のるイコつやま」とする。

 各地域でバス・タクシー会社が車両を1台ずつ準備。乗降場所はサービス対象地域内の自宅周辺、あらかじめ設定されている医療機関、商業施設、公共施設など4350地点、年間約6000人の利用を見込んでいる。

 運賃は、大人は電話予約300円、ウエブ・アプリ予約200円。小学生〜大学生200円。未就学児、障害者及び介護者は無料。免許自主返納者、後期高齢者100円。

 谷口圭三市長は定例記者会見で「高齢者や障害がある方などへの外出支援、移動の確保といった福祉的観点とJRや路線バスなどとのアクセス向上、ICTの活用による公共交通のシームレス化を実現し、運行形態見直しによる運行費削減にも効果があると考えている」と述べた。

運行車両イメージ
運行車両イメージ


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG