注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

2030年までにCO2ゼロへ 村と民間で新電力会社設立 自然エネで村内循環狙う/岡山・西粟倉村

行政・公共 「西粟倉百年の森林でんき」設立を発表する寺尾社長(右から1人目)ら
「西粟倉百年の森林でんき」設立を発表する寺尾社長(右から1人目)ら=岡山県西粟倉村で
         

 国の脱炭素先行地域に指定されている岡山県西粟倉村は、中国銀行のグループ会社のちゅうぎんエナジー(岡山市)など民間企業3社と新電力会社「西粟倉百年の森林でんき」(百森でんき)を設立した。太陽光発電のPPA(電力販売契約)モデル事業を進め、2030年までに村の電力由来のCO2排出量ゼロと地域経済活性化を目指す。

 

 林業を中心とした「百年の森林構想」の一環で、自然エネルギーを電力として活用し、村内で循環させる狙い。役場や小中学校、道の駅など公共の10施設と村営住宅54戸に太陽光パネルを設置するほか、村営の水力発電所の運営管理も引き継ぐ。


 百森でんきの資本金は2000万円。PPA導入の総事業費は1億5000万円で、うち3分の2を国の交付金、残りを中国銀行の融資でまかなう。

 

 同村影石の村役場で19日に開かれた会見で、青木秀樹村長が「村の自立に向けた大きな第一歩。美しい上質な田舎を実現する」と語った。


 寺尾武蔵百森でんき社長(43)が「これまで培ってきたエネルギー事業の経験や知識を生かし、持続可能な循環型の地域社会を目指したい」と抱負を述べた。

 

 現在、村の電力消費量は720万キロワットアワー。PPA導入により60万キロワットアワーの発電量を見込む。さらに、これまで発電していた村営の水力などによる420万キロワットアワーを村内に供給するほか、民間他社の太陽光エネルギーなども加えて段階的に全量をまかなう計画。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG