注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

GlobeSportsDomeリニューアルオープン

経済・産業
テープカットでリニューアルオープンを祝う関係者
         

 昨年12月から進められていた大田のグラスハウスの改修工事が完了し、「Globe Sports Dome(グローブスポーツドーム)」として9日、リニューアルオープンする。直線トラック、バスケットボールやバドミントンなどのコートエリア、カフェなどを備え、楽しく運動ができる健康増進施設に生まれ変わる。
 グラスハウスは、昨年3月末で指定管理者制度による施設運営が終了し、市は公民連携の手法を取り入れ、独立採算運営への転換を目指して事業提案を募集。フィットネスクラブやダンススタジオを手がける京町の「Globe」(関元崇志代表取締役)が運営することに決まった。
 ガラスドームの空間を活用し、陸上競技やチアダンス、リズムを用いた運動教室などを展開。利用は会員中心だが、日曜・祝日などは体験イベントを開き、一般市民も利用できるようにする。
 改修工事ではプールの9割を埋め、ウオータースライダーを撤去。50?走ることのできる直線トラック、バスケやバレーなどのコートエリア、トレーニングエリア、人工芝エリア、ボルダリングエリアなどを整備。屋外プールは残し、夏場に使用する。運動と健康をテーマとした食を提供するカフェを併設し、こちらは一般も利用可能。
 7日にオープニングセレモニーが行われ、関元代表取締役が「自然と共存したベストな環境で、子どもたちにたくさんの経験を与え、一般市民への利用方法も考えながら地元に愛される施設を目指す」、谷口圭三市長は「全国に誇れる公民連携の取り組みとして施設を再生し、かじを切る。国内外から多くの人に訪れてもらい、施設をしっかり生かしていくことが地域の活力になる」とあいさつ。関係者がテープカットを行い、祝った。
 同社は地域活性化へ、グラスハウスやグリーンヒルズ津山を活用したイベントを計画。また、スポーツリズムトレーニングの研修会や合宿の実施に加え、プロアスリートを招いた交流の場も創出していくという。
 運営権の設定期間は本年度から10年。市は改修費など2億6500万円を2021年度から10年間、分割して同社に支払う。運営権対価として同社は市へ、毎年380万円(運営権設定後3年間免除)を25年度から7年間納める。

(写真)「グローブスポーツドーム」としてリニューアルしたグラスハウス


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG