注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

REBORN版画プロジェクト

芸術
         

 「REBORN版画プロジェクト」の展示会が東一宮のM&Y記念館で開かれ、県北ゆかりの版画家による多彩な秀作に来場者が見入っている。11月21日まで。
 第3回OKUTSU芸術祭(同実行委主催)の一環で、棟方志功の代表作などを多数所蔵する同館の1階会場に、版画家6人が手掛けた15点を展示。
 カエルをモチーフに同系色の微妙な重なりが美しい坂手江美さん(鏡野町)の木版画、繊細なタッチで女性を表現した佐藤真奈美さん(同町)の銅版画、幻想的な雰囲気を醸す新免泉さん(京都府)のシルクスクリーンなど、個性豊かな作品が並ぶ。
 岡山市の公務員男性(56)は「さまざまな手法と表現があって面白く、中でも木版画の優しい味わいが好き。常設の棟方志功のコレクションも素晴らしかった」と話していた。

県北ゆかりの版画家の作品に見入る来場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG